あしき。ただのあしきだ。

大学2年生の暇つぶしです。フリージャンルです。面白い事は言えない。挿絵が漫画形式の漫画小説書いてます。【陽月のプルーフ】連載中です。

【いじめ問題】たぶんだけど、いじめられない方法(持論)

いじめ。

いじめは絶対に起こります。

これは、コミュニケーションが必要な限り

絶対あります。

そして、私もいじめられやすいであろう人間です。

が、いくつかの修羅場を乗り越えてきました。

自分でもすごいなと感心しています。

(いや、マジで自分はすごいと思う。)

 

というわけで、いじめについて

持論を話していこうと思う!!!

 

いじめられる人の特徴

いじめられる人というのは、「ある」特徴があると私は思っています。いじめに関して、様々な人がいじめられる人の「特徴」を挙げていますが、私としては、その特徴というのはたった「一つ」だと思っています。それは「普通じゃない人」です。

普通じゃない人

 これは、良い意味でも、悪い意味でも普通じゃない人のことです。勉強、運動、性格、容姿、家庭環境・・・。色んな事が一つでも普通じゃない人間というのはいじめの対象に成り得ます。普通を0として、0から絶対値が大きくなればなるほど、いじめの対象になるレベルが相対的に上がっていくと、私は考えています。

 

普通とは?

では、普通とは何ぞや?という疑問が出てくる。これは、ずーっと私の持論なので、何も根拠がないのですが、私の思う普通とは、「所属する集団の中にいる一番強い立場の人間の普通」が基準になってくると思います。つまり、所属する集団によって、普通は大きく異なります。

所属する集団における普通

あなたが所属する集団、コミュニティというのは複数存在します。その中で、おそらく100%立場の強い人間がいます。集団における普通とはその立場の強い人間の普通が基準となるのです。極端に言ってしまえば、立場の強いヤンキーが一人でもいるクラスは、ヤンキーになりますし、立場が強い優秀な人間がいるクラスであれば、クラスは優秀な人間になります。これは極端な例ですが、私の持論の中ではそうなります。

 

すると、どうでしょう。ヤンキーになれなかった人間。優秀になれなかった人間は、どう考えても、そのクラスでは「普通」ではなくなります。ここで「いじめ」が生じてしまうのです。だって、そうではありませんか?私たち人間も、体内に異物が入れば、それを排除しようとしますよね?・・・。表現が悪いですが、いじめをする人間はそういう思考なのですよ。

 

集団の切り替えと普通

所属する集団は複数あります。おそらく皆さんが少なくとも所属するであろう集団は、学校と職場なのでしょう。その時点であなたが所属する集団は2つありますし、学校や職場の中でも、また集団が分裂していきます。上記で記述したように、集団の中には必ず「立場の強い人間」がいます。私たちは、複数所属する集団の中で複数の強い立場の人間と遭遇します。私の持論で言うならば、私達はその集団における「普通」を切り替えているはずです。その切り替えをうまくできなかった「普通ではない人」がいじめの対象になります。ある集団では「いじめられていなかった人」はある違う集団では「いじめられる人」になってしまうのです。

 

いじめられない方法

 上記では「普通ではない人」がいじめられると記述したが、では、いじめられない方法とは何かを私なりに考えてみました。私なりに!ですからね笑

立場の強い人間になる

そのままです。その集団における基準をつくる人間になれば、いじめられません。なれたら、苦労しないでしょうが・・・笑

立場の強い人間と友達になる

いじめっこが、立場の強い人間とは限りません。正義感溢れる強い人間が集団にいるかもしれません。そのような人間と友達になりましょう。友達になると言っても、友達であることを周囲に示さなければ意味がありませんが。私の持論ではこの方法が最大の抑止力になります。その人間と友達になりさえすれば、大丈夫なはずです。

できる限り普通になる

これができないから、いじめられるのでしょうが、ある程度の努力はできるはずです。分析してください。あなたがいじめられていると思った集団の中で、一番強い立場の人間を。あなたと何が違うのかを。また、「集団の切り替え」にも注意してください。切り替えができないでいじめられるケースは多々あると思っています。とにかく、分析してください。切り替えた先の集団を。そして、普通になる努力をしてください。ただし、あなたの所属する集団の普通が「マイナスの普通」であるならば、もうその集団からは抜けるべきでしょう。その集団は救いようのないクズ集団だからです。そんなところに所属する必要はありません。 

やられたらやり返す精神

いじめられる人間は、受け身の人間です。喧嘩してみましょう。やられたらやり返してみましょう。そしたら、いじめっ子はまた、やり返しのやり返しをしてきます。そしたらまた、やり返しのやり返しのやり返しをしましょう。そしたらまた、いじめっ子がやり返しのやり返しのやり返しのやり返しをしてきます。そしたらまた・・・(笑)このようにしていれば、いじめているのが果たして「どちらなのか」が分からなくなります。すると、いじめっ子はあなたのことを

対等=普通の人間だと錯覚します。

私としては、この精神というのは非常に重要なものだと思っています。喧嘩は対等な人間同士しか成立しない行動だと考えています。なので、やり返しをして喧嘩に持ち込んでください。

 

 「普通じゃない」を隠す

「普通になる努力をする」と「普通じゃないを隠す」は全然違います。普通になる努力をするというのは、上記で記述したように、所属する集団における普通を分析して、それに近づこうと努力することです。しかし、「普通じゃないを隠す」というのは、意味合い的には「能ある鷹は爪を隠すの逆」です。例えば、「頭が良い」が普通の集団であったとします。それに対して普通じゃないは「頭が悪い」です。この「頭が悪い」というのがいじめの対象に成り得ますから、「頭が悪い」をひたすらに隠せばいいのです。もっと詳しく言うならば、テスト返却時に点数を絶対見せないで、点数が良い時だけ、さらっと見せてしまうとか、授業で当てられる場面で、事前に調べていた答えを、今、たった今、その場で考えて答えたように見せる、といったような事です。すげー、ダサいですが結構効果があります。そして、そうやって

隠し通している間に、「普通になる努力」をし続ければいいのです。

注意点として、「能がある」と思わせなければ意味がありません。例えば、体力なさそーな人がシャトルランの日に休み、体力がないことを隠しても「能がある」と思われませんよね?これは非常に難しいので、状況に合わせた方がいいです。あと、自分を偽っているので非常に疲れます。

 

 普通じゃないを認め、度合いは隠す

「普通じゃないを隠す」方法に対して、こちらは「普通じゃない」を認めています。自分を偽りたくない人はこちらがいいでしょう。上記で、普通から遠のくほど、いじめられる可能性も上がると記述しました。その理論が正しければ、普通じゃないという度合い(レベル)を隠せば、いじめられる可能性が減少することになるはずです。なので、上記の例をまた使うと、テスト返却時に、「オレ糞頭わりぃからなぁ」と前置きしつつ、「ゲッ・・・w母さんに怒られる・・・」とか言って点数悪いアピールをしつつも、「僕もだから見せて~っ」とか言われたら「あ、すまん。もう燃やしたから無理だわ」とか言って点数は見せない感じです。シャトルランであれば、「オレ、まじで体力ねーから、ぴったり80でやめとくわ笑」とか言っておけば大丈夫です。

 

普通でいられる集団に所属する

自分が100%普通でいられる集団に所属するというのは、極めて稀であると私は思いますが、現状より、普通でいられる集団に移動することは可能です。 それが、転校だったり、受験だったり、転職だったりするわけです。今の日本では、生まれたその場所で集団が決められてしまいますが、大人になっていくうちに、集団を選択できるようになります。例えば「受験」ですが、私としてはこの「受験」という仕組みは自分の普通をはかるものだと思っています。普通をはかった結果、同じような「普通」を持った人間が集まってきます。大人になるにつれて、その「普通の濃度」が高まっていくと私は考えています。私は大学生ですが、同じような学力や価値観、そして家庭環境の人間が結構多いなぁと感じています。それは、自分が普通でいられる集団に所属したからなんだと思います。小学、中学では、自分の普通と相手の普通が全くといっていいほど、違いました。それは、受験ではなく、住んでいる場所で集団を決められたからです。このように、決して背伸びせず、無理をせず、自分の普通でいられるような集団を選ぶことが重要なんだと思います。

 

集団に所属しない

そもそも、集団に所属しなければ、いじめは発生しません。そして、あなたが、その集団に属するメリットはなんですか?その集団に所属しても意味がないのであれば、即刻抜けましょう。学校だったら、やめちゃいましょう。仕事もやめちゃいましょう。そしたらあなたは、とんでもない革命を起こすかもしれない。

普通じゃない人間は、普通ではありません!!!

その普通じゃない何かはとんでもない才能かもしれません。集団なんかに個性を潰されて、その才能をないものにされてしまっては、非常にもったいないです。

革命を起こしましょう。

 

 その他の方法

・いじめられたら、「いじめだ~!!」と叫ぶ。

・帝王みたいなキャラを築く

・怒ったらヤバそうな雰囲気を出す。

・全部笑いに変える

・パーフェクトヒューマンになる

 

最後に

いじめはする方が悪いというのは当たり前ですが、いじめられる側は、自分がいじられる理由を分析しなければならないと思っています。そして、集団に所属することが向いているのか向いていないかを判断して、向いていなければ、即刻集団から抜けて自分の普通を貫き革命を起こしましょう。

 

※革命を起こすとは、大した意味ではないです(笑)自分の普通を貫き通すことこそが、革命だと私は思っていますw

※これは、マジのマジ持論ですので、参考程度に!って感じです。教育心理学とか学んでないので、実際のところどうなのかは分かりません笑